巨人・原監督「非常に順調に来ている」と菅野を評価「30歳になっても…60歳になっても挑戦です」

[ 2020年2月23日 17:12 ]

オープン戦   巨人7―1楽天 ( 2020年2月23日    那覇 )

<巨・楽>楽天に勝利しハイタッチをかわす原監督(中央)ら巨人ナイン(撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 14安打を放った巨人が7―1で楽天を下し、オープン戦2連勝を飾った。

 投球フォームを変えたエース菅野智之投手(30)が3回3安打1失点で実戦初登板を終えたことについて聞かれた原辰徳監督(61)は「順調だと思います」と評価。「本人がどう感じているか、というところでしょうけど、非常に順調に来ているんではないかなと思ってます」と続けた。

 菅野の投球フォーム改造について、30歳での新たな挑戦…とインタビュアーに話を振られると「30歳になっても40歳になっても50歳になっても60歳になっても挑戦です」と答えた原監督。オープン戦初スタメンで初回に初球先頭打者アーチした37歳の亀井についても「順調に来ていると思います」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース