巨人育成のモタ、連続三振後に連続安打 支配下へ「持ち味出していきたい」

[ 2020年2月23日 18:41 ]

オープン戦   巨人7―1楽天 ( 2020年2月23日    那覇 )

<巨・楽>5回1死一塁、中前安打を放つモタ(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人の育成選手・モタがまたも快打だ。

 初回、3回と2打席連続三振も、5回1死一塁では中前打。7回にも左前打を放った。

 「(三振後もアプローチは)特に変えていない。ストライクゾーンに来たボールを積極的に打とうと思っていた」

 支配下登録を目指して奮闘中の助っ人。「競争なので。そこをしっかり意識して、自分の持ち味を出してやっていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース