エンゼルス・大谷 OP戦初戦は26日のレッズ戦

[ 2020年2月23日 02:30 ]

打撃練習で声を上げる大谷
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷は投手相手の打撃練習で左腕3投手と合計4打席対戦し、4打数1安打だった。第2打席に先発ローテーション入りを狙うスアレスのスライダーを左前へ運んだ。その後はシモンズやフレッチャーらと柵越えが出るまで続くフリー打撃に励み、大谷が33スイング目でバックスクリーンに当てて終了。同い年のフレッチャーは「彼はラッキーだっただけ」と悔しがった。

 オープン戦前の全体練習はこの日が最終日。ジョー・マドン監督は大谷、トラウトら主力のオープン戦初出場について「火曜日(25日=日本時間26日のレッズ戦)だと思う。大谷は週2、3度ほど試合に出る」と説明。同日は秋山との日本選手対決が実現する可能性がある。 (テンピ・柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース