広島・堂林 開幕一塁は俺だ!アピール逆転打 佐々岡監督にオープン戦初白星贈る

[ 2020年2月23日 05:30 ]

オープン戦   広島7―6ヤクルト ( 2020年2月22日    ANA BALLPARK浦添 )

<ヤ・広>7回無死満塁、左中間に逆転の適時二塁打を放つ堂林(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は最大5点差をはね返した。途中出場の堂林が1点を追う7回無死満塁で左中間に決勝の逆転2点二塁打。「少ない打席の中で結果よりも、しっかり打つことを心掛けた。打席に入る前にもいい準備ができた」と胸を張った。

 松山が腰部痛で離脱し、開幕一塁の座を安部と争う中で大きくアピール。両リーグで3人いる新監督では一番乗りでオープン戦初白星をつかんだ佐々岡監督も「みんなが必死。1軍に残りたい気持ちが結果になったね」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース