中日・ロドリゲス 初実戦で1回零封!支配下選手登録へ前進 与田監督「チャンスは大きい」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

オープン戦   中日2―6阪神 ( 2020年2月22日    北谷 )

<中・神>1回無失点と好投したロドリゲス(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 中日の育成新外国人、ロドリゲスが初実戦で1回を1安打無失点に抑え、支配下選手登録へ前進した。最速150キロを計測し、計12安打を浴びた投手陣で数少ない光明だった。

 2死から高山に右前打を許した後、梅野への3球目に「ヒットを打たれたので、打者の目線を変えたかった」と本来の上手投げでなく横手投げからスライダーを繰り出し、次の4球目で遊飛。変幻自在の投球で梅野を「投げ方を変えてきて右打者はタイミングが取りにくいと感じた。器用」と警戒させた。

 キューバ代表として昨秋のプレミア12にも出場した右腕。上々の滑り出しに「コントロールが良くて満足している」と納得顔だ。与田監督も「十分、支配下になる力がある選手。チャンスは大きい」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース