日本ハム平沼は右足関節捻挫 試合復帰まで3週間 栗山監督は軽症に安ど

[ 2020年2月23日 09:45 ]

日本ハム・平沼
Photo By スポニチ

 日本ハムは23日、平沼翔太内野手(22)が東京都内の病院で精密検査を受け、右足関節捻挫と診断されたと発表した。試合復帰まで3週間の見通し。

 平沼は18日の韓国サムスンとの練習試合(タピックスタジアム名護)で二盗を試みた際、右足首を負傷していた。今後、千葉県鎌ケ谷市の球団施設でリハビリを行う。

 キャンプ地の沖縄・名護で報告を受けた栗山監督は「こっちが思ったより軽かった。1軍か2軍かは別にして、(3月20日の)開幕の頃には試合に出ているかな」と軽症に安どの様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース