ヤクルト「2番・山田哲」で先制 出塁率4割超生かす新オーダーに高津監督手応え「いいつながり」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト6―7広島 ( 2020年2月22日    ANA BALLPARK浦添 )

<ヤ・広>初回1死、山田哲が中前打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・高津監督が、「2番・山田哲」の新オーダーに手応えを示した。初回1死から山田哲が森下の147キロを中前にはじき返すと、青木が四球を選び、雄平の左中間二塁打で先制点を挙げた。その後、青木も塩見の二ゴロの間に生還。2点をもぎ取った。指揮官は「いいつながりになった」と納得の表情を浮かべた。

 山田哲は昨季、2番での先発はなく、プロ10年間で通算8試合のみ。高津監督はテストした理由を「僕は送らない(犠打をさせない)ので。山田哲は僕の理想とする2番の役割を十分に果たせる。青木の前に置くというのが一つのミソ」と明かした。過去9シーズンで5度、出塁率4割を超えている山田哲が出塁し、状況に応じた打撃にたけた青木、昨季96打点の村上らで還すイメージだ。

 新たな役割にも山田哲は「求められるものは変わらない」と自然体で臨む。この試合で今季初出場となった青木も「自分はどこでも打てるから」とひょうひょうと話す。最下位からの巻き返しへ。新打線が早速、結果を出した。(黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース