DeNA山崎 ブルペンで35球 順調に回復「問題ありません」

[ 2020年2月23日 12:43 ]

ノックを受けるDeNA・山崎
Photo By スポニチ

 左前腕部打撲のDeNAの山崎康晃投手が23日、2日連続でブルペン入り。35球を投じ、順調な回復ぶりを見せた。

 ツーシーム、カットボールなどを交え「左腕の影響はそんなに大きくない。腫れは残っているが問題ありません」と明るい表情を見せた。

 守護神は今季初実戦となった19日のロッテとの練習試合(宜野湾)で左前腕部に打球を受け、わずか4球で負傷降板し、別メニュー調整となっていた。問題がなければ24日の日本ハムとのオープン戦(名護)に登板する見通しで「チームにとっても沖縄では最後の試合。試合勘を経験できたらいいし、しっかり調整していきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース