ソフトB 内川、2ランも空砲「負けちゃったら、でしょ」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

パCSファーストS 第1戦   ソフトバンク3―5楽天 ( 2019年10月5日    ヤフオクD )

2回1死一塁 2ランを放つ内川 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの内川が1―1の2回に左翼テラス席に運ぶ2ランを放ったが、勝利には結び付かなかった。則本昂のフォークをライナーで運び、CS通算(プレーオフ含まず)で9本塁打となり、単独最多となった。それでもその後の3打席は凡退し「負けちゃったら、でしょ」と言葉少なだった。

 ともに通算最多だった安打数は48、打点は28に伸ばした。第2戦に向け、勝利の意欲を問われ「もちろん。それ以外の方法はない」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース