楽天 痛い4失策で初出場Vならず

[ 2019年10月6日 05:30 ]

ファーム日本選手権   楽天3―6ソフトバンク ( 2019年10月5日    サンマリン宮崎 )

4回、ソフトバンクに追加点を許した楽天・藤平(左)
Photo By 共同

 楽天の初出場初優勝はならなかった。3回に三塁手・内田の2点適時失策で先制を許すなど、4失策が全て失点に結び付いた。三木2軍監督は「ミスが多い。緊張感のある試合での1プレーの重みを学んで、次に生かしてほしい」と言った。

 2年前はCSに登板した先発・藤平は3回1/3で自責1ながら5安打5失点。「1軍はもっと難しい勝負になるので反省したい。必要とされるようにならないと」と来季以降を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース