早大、三重殺で東大に連勝 徳山が完封「助かりました」

[ 2019年10月6日 14:53 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第4週第2日 2回戦   早大3―0東大 ( 2019年10月6日    神宮 )

<早大・東大>3安打完封勝利の力投を見せた早大・徳山(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 早大が珍しい三重殺(トリプルプレー)を完成させて連勝した。

 3点リードの9回、安打と四球で無死一、二塁のピンチを背負った。ここで東大の4番・青山海(4年=広島学院)の打球は痛烈な三ゴロ。捕球した福岡高輝(4年=川越東)が三塁ベースを踏み二塁に転送、そのまま一塁と渡ってゴロでは珍しいトリプルプレーが完成、先発の徳山壮磨(2年=大阪桐蔭)の完封劇を演出した。

 「トリプルプレーは考えてなくて、打球が速かったので二塁封殺はできるだろうと二塁に送球したら、結果3つアウトが取れました。打者走者が青山だったので助かりました」

 打った青山は1メートル73、100キロの重量級。福岡は青山の足のお陰と最高の笑顔を見せた。リーグ戦初完封の徳山も「トリプルは初めての経験でした。助かりました」と感謝。これで開幕3連敗の悪夢から4連勝。打線は5安打と「湿りっぱなし」(小宮山悟監督)と課題も多いが、勝ち点を2としてナインの表情は明るかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース