阪神 近本 猛打賞に2盗塁「一番いい得点に貢献することができた」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

セCSファーストS第1戦   阪神8―7DeNA ( 2019年10月5日    横浜 )

8回2死一、三塁、近本は二盗を決める(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 頼れるルーキーは大舞台でも物おじしない。阪神・近本が自身初のCSでチーム唯一の3安打。CS史上3人目となる新人の猛打賞で奇跡の逆転勝利に大きく貢献した。

 「しっかり自分が出塁すること、後ろにつなぐことができました。一番いい得点に貢献することができた」

 冷静さと熱さを兼ね備えていた。初回。レギュラーシーズンより多くのDeNAファンが詰めかける中で打席に入ると、左腕石田から中前にクリーンヒット。緊張の色を見せることなく出塁すると、終盤には逆転劇の呼び水となった。

 7回だ。代打木浪の適時打で1点を返し、なおも1死一塁でフルカウントからエスコバーの156キロを遊撃左に転がした。しぶとい内野安打は続く北條の3ランにつながった。さらに8回、1点差に迫りなおも2死一塁。エスコバーの154キロが頭部付近を通過。球場が騒然となる危険な球にしり餅をついたが、動じるどころか闘争心は熱く燃え上がった。

 「あのボールが来たら当たってもいいぐらいの気持ちでした。しっかり踏み込めた。続けてくることはないかなと思っていた」

 残像による恐怖で逃げ腰になってもおかしくない中、直後の外角に流れるスライダーを右前に弾ませ一、三塁に好機拡大。次打者・北條の2球目にこの日、2個目となる二盗を決め相手の外野手を前進させた。この二盗が、北條の逆転打を呼んだといってもいい。

 1年目とは思えぬ立ち居振る舞いは『言葉』から生まれている。「自分の発する言葉は精神状態に関係してくるので、大事にしています」。どんな結果の試合後でも必ず、報道陣に対して丁寧に言葉を選ぶ。だから劇的勝利のこの日も「点差は離れていたんですけど、自分たちの仕事ができたと思います」と勝因を冷静に分析し、次戦に向けて心を整えた。下克上をけん引する若き切り込み隊長は、どこまでも頼もしい。
(巻木 周平)

 ○…近本(神)がCS初出場で5打数3安打の猛打賞。プレーオフ、CSで新人のゲーム3安打以上は08年ファーストS第1戦の小瀬浩之(オ=3安打)、17年ファーストS第2戦の大山(神=4安打)に続く3人目。5回と8回には2度の二盗成功。新人の盗塁と回数は
81年木村 孝(日)1
10年清田育宏(ロ)1
10年長野久義(巨)1
10年大島洋平(中)1
13年加藤翔平(ロ)1
17年源田壮亮(西)1
に続く7人目で、2盗塁は初めて。ゲーム2盗塁は新人に限らずセのCSで初。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース