ラッキーボーイ木浪 代打適時打から逆転呼ぶ「準備できていた」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

セCSファーストS第1戦   阪神8―7DeNA ( 2019年10月5日    横浜 )

8回2死二塁、右前適時打を放つ木浪(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 近本に負けじと阪神・木浪も躍動した。6点を追う7回1死二塁で代打出場すると、バリオスから中前適時打を放ち、6点差逆転劇の扉を開いた。

 「準備はできていたので、それがタイムリーにつながったと思います」

 この一撃だけで終わらないのが並のルーキーとは違うところだ。さらなる見せ場は2点差に迫った8回だ。2死二塁でフルカウントから左腕エスコバーのスライダーを右前打。2打席連続のタイムリーで1点差に詰め寄り、北條の逆転打につなげた。主役は5打点の北條に譲っても、2安打2打点で勢いを吹き込んだのは間違いない。矢野監督も幸運の男の1人に認めた。

 「みんながラッキーボーイ。誰がヒーローにもなるような試合やった。こんな試合、1人では流れを変えにくいと思う。ピッチャーも野手もみんなが諦めない、つないだっていうのがこういう結果になったと思います」

 指揮官の意図をくむルーキーも役割は熟知している。「そういう(ラッキーボーイ的な)存在になれればいい。自分のことをしっかりやって、チームが勝てればいい。勢いがついたら止まらない。明日も勢いに乗っていきたい」。近本とともに「キナチカ」大暴れの予感が存分にしてきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース