阪神 5回に反撃の2点 北條、福留のタイムリーで浜口をKO

[ 2019年10月6日 16:08 ]

セ・リーグCSファーストS第2戦   DeNA―阪神 ( 2019年10月6日    横浜 )

<D・神>5回2死一塁、北條は左翼線に適時二塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が5回に反撃の2点を挙げた。

 初回の先頭・近本の右中間への二塁打以降は無安打に抑え込まれていたDeNAの先発・浜口から、青柳の代打・上本が中前打で出塁。2死一塁で前日5打点と活躍した北條が三塁線を破る二塁打で、一塁から上本が一気に生還した。さらに本塁返球が逸れた間に進塁した北條を三塁に置いて、福留が適時右前打。2点目を挙げ浜口をマウンドから引きずり下ろした。

 代わった三嶋からもマルテが左前打を放ち、2死一、二塁と同点の好機を作ったが大山は中飛に倒れ、同点に追いつくことはできなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース