筒香 復帰即先制弾、4打点も…「終わってしまったことは変えられない」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

セCSファーストS第1戦   DeNA7―8阪神 ( 2019年10月5日    横浜 )

初回無死一、二塁、右越え3ランを放つ筒香(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 右手小指打撲から復帰したDeNA・筒香がいきなり先制3ランを放ったが、空砲となった。初回無死一、二塁から西の低めのチェンジアップをすくい上げて右中間中段まで運ぶ技ありの一発。ポストシーズン初の初回先頭から5者連続安打を呼び込んだが、勝利にはつながらず「終わってしまったことは変えられない。選手は明日に向けて準備するだけです」と悔しさを押し殺した。

 5回にも右前適時打。今季初めての3番起用に応え、4打点と気を吐いた。初の本拠地開催でファンの大歓声を浴びた主将は「幸せな瞬間。こういった経験は人生でなかなかできることではない。明日は何とか勝って、第3戦にいけるようにしたい」と逆襲を誓った。 (町田 利衣)

 ≪今永リリーフ登板 復調証明2回零封≫リリーフ待機となった今永が5回から登板。2回1安打無失点でバトンをつないだ。レギュラーシーズンは2戦連続7失点と不安のまま終えていたが、エースの力を示し「負けた後もロッカーで筒香さんが“頑張っていこう”と声を出していた。明日どこを任されるか分からないが、しっかり準備したい」と頼もしかった。先発した石田は4回3安打1失点。「緊張しましたが、一人一人丁寧に投げることができた」と振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース