ソフトB 鮮やか逆転勝利!CSファイナル進出へ逆王手 福田勝ち越しソロ

[ 2019年10月6日 16:38 ]

パ・リーグCSファーストS第2戦   ソフトバンク6―4楽天 ( 2019年10月6日    ヤフオクD )

<ソ・楽>勝利しタッチを交わす工藤監督(左から3人目)らソフトバンクナイン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦が6日、ヤフオクドームで行われ、シーズン2位のソフトバンクが同3位の楽天に6―4で勝利。ファイナルステージ進出へ逆王手をかけた。楽天は投手陣が踏ん張り切れなかった。

 ソフトバンクは1点を追う初回2死から柳田が右中間へ同点ソロ。再び1点を追った3回2死一塁からは柳田の左中間適時打で追いつき、続くデスパイネが勝ち越しの左越え2ラン。再度、同点となった4回無死からは福田の右越えソロで勝ち越し、5回2死二塁からデスパイネの右前適時打で加点した。

 投げてはバンデンハークが4回途中に4失点で降板したが、嘉弥真、石川、甲斐野、モイネロ、森とつないでリードを守り切った。

 楽天は初回1死一、三塁からブラッシュの三ゴロの間に3走・島内が生還し先制。同点の3回無死からは浅村が2試合連続本塁打となる右越えソロで勝ち越し。2点のビハインドとなった4回1死満塁からは浅村の右前2点適時打で追いついたが、先発・美馬らが粘れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース