広島 2年目山口 新体制へのアピール「自信を持てるような感覚をつかみたい」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

 7日から始まるフェニックス・リーグに参加する広島の24選手が5日に宮崎入りし、高卒2年目右腕の山口は「強い真っすぐを取り戻して、自信を持てるような感覚をつかみたい」と力勝負を誓った。

 今季はプロ初登板を果たし初勝利も挙げたが3度の降格を経験し150キロ超の速球も終盤は140キロ台前半まで落ち込んだ。「技術ができていないから精神面もダメになる」。

 新人だった昨季は当時2軍担当だった佐々岡投手コーチに指導を受けた「佐々岡チルドレン」の1人。新体制へのアピールのためにも剛球を取り戻す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース