早大・福岡、V望みサヨナラ打「全勝して優勝へ望みをつなげたい」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第4週第1日   早大4―3東大 ( 2019年10月5日    神宮 )

<東大・早大>9回2死二、三塁 サヨラナラ安打を放つ早大・福岡(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 プロ志望届を提出した早大の3番・福岡が中前へサヨナラ適時打を放って試合を決めた。初回こそ内野安打も、2、3打席目は無安打。7回の第4打席の途中に上げていた足を抑え、すり足に変更。

 「なんとしても次(加藤)につなぐつもりだった。凄くボールがよく見えた」と選んだ四球に手応えをつかみ、9回のサヨナラ打につなげた。今季は3敗しており優勝へ負けられない状態は変わらないが「全勝して優勝へ望みをつなげたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース