ソフトB・石川、勝利呼び込む好救援、2回無失点に「自分を信じて投げた」

[ 2019年10月6日 17:10 ]

パ・リーグCSファーストS第2戦   ソフトバンク6―4楽天 ( 2019年10月6日    ヤフオクD )

<ソ・楽>試合後、ファンとハイタッチをかわす石川(撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・石川柊太投手(27)は6日、ヤフオクドームで行われたパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦の楽天戦に3番手で登板。2回を無安打無失点に抑え、チームに勝利を呼び込んだ。

 1点を勝ち越した直後の5回に登板。1死から四球を与えたものの辰己を一ゴロ、島内を空振り三振に仕留めて無失点。6回は3者凡退に抑えた。

 石川は試合後、お立ち台で「マウンド上がるまではすごく不安でしたけど、自分を信じて投げてこういう結果になったんでうれしい」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース