マー君 メジャーPS通算6試合で防御率1・54の安定感

[ 2019年10月6日 09:43 ]

ア・リーグ地区シリーズ第2戦   ヤンキース8―2ツインズ ( 2019年10月5日    ニューヨーク )

<ヤンキース・ツインズ>先発登板したヤンキース・田中将大投手(AP)
Photo By AP

 ヤンキース・田中将大投手(30)が5日(日本時間6日)、本拠地ニューヨークで行われたア・リーグ地区シリーズ(5回戦制)第2戦に先発登板。5回で83球を投げ3安打1失点、7奪三振の力投で、プレーオフ自身4勝目を挙げた。チームは8―2で勝利して2連勝となり、リーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけた。田中はこれでメジャー入り以降、プレーオフ6試合に先発して防御率1.54と抜群の安定感を見せている。

◇田中のポストシーズン成績

15年ワイルドカードゲーム・対アストロズ    ●5回4安打2失点

17年地区シリーズ第3戦・対インディアンス   〇7回3安打0失点

17年リーグ優勝決定シリーズ第1戦・対アストロズ●6回4安打2失点

17年リーグ優勝決定シリーズ第5戦・対アストロズ〇7回3安打0失点

18年地区シリーズ第2戦・対レッドソックス   〇5回3安打1失点

19年地区シリーズ第2戦・対ツインズ      〇5回3安打1失点

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース