DeNA 楽勝ムードから一転崖っ縁 三浦コーチうっかり「僕のミス」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

セCSファーストS第1戦   DeNA7―8阪神 ( 2019年10月5日    横浜 )

4回1死三塁、マウンドから戻る三浦コーチがファウルラインをまたぐ(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ほんのわずかなほころびだった。順調に見えたDeNAの継投策。6点リードから、まさかの逆転負けのきっかけは4回にあった。

 「あそこは時間を置いて(交代に)行こうと思い、三浦コーチが帰って来てから行ってしまった。ルールは分かっていたが、私のミス」。ラミレス監督がそう振り返るのは3―0の4回1死三塁、打者・梅野の場面だ。先発・石田からバリオスへ継投するつもりだったが、一度マウンドに向かった三浦投手コーチがベンチに戻った後にラミレス監督が球審の元へ。投手交代は認められなかった。

 「僕のミスです。選手に迷惑をかけてしまった」。三浦コーチはそう言ったが、続投した石田は梅野の犠飛による1失点だけで4回を投げ終え、5回から今シリーズはリリーフに回るエースの今永へリレー。継投策がはまったかに見えた。

 それが7―1の7回だ。登板がずれ込んだバリオスが1死から連打を許して交代。継投が乱れる。8回の予定から前倒しで投入したエスコバーは北條に3ランを被弾。続投した8回も打ち込まれ、最後は1点リードの2死二、三塁から5番手・国吉が北條に中越え2点三塁打を浴びた。逆転阻止へ勝負を懸けた外野陣の前進守備が裏目に出た一打だった。

 「バリオス、エスコバーのところで流れを渡してしまったが(継投の)決断に後悔はない」。ラミレス監督はそう言った。ただ、4回にバリオスへ継投できていれば、7回以降を国吉、三嶋、エスコバー、山崎でつなげたかもしれない。「たら」「れば」は禁物の短期決戦。わずかなほころびから崖っ縁に立たされてしまった。 (秋村 誠人)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース