楽天・美馬が3被弾で4回5失点KO 2年前の雪辱ならず「少し考えすぎて…」

[ 2019年10月6日 15:48 ]

パ・リーグCSファーストS第2戦   ソフトバンク―楽天 ( 2019年10月6日    ヤフオクD )

<ソ・楽>4回無死、福田にソロ本塁打を浴びる美馬 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 楽天の美馬学投手(33)が、CSファーストS第2戦のソフトバンク戦(6日、ヤフオクドーム)で先発し、3本塁打を浴びるなど4回5安打5失点で降板となった。

 初回に打線が1点を先制するも、直後に柳田のソロで同点に追いつかれてしまう。3回にデスパイネに2ランを浴びるなど3点を失い、4―4の4回には福田に右越えソロを被弾した。失点はいずれも打線が得点を奪った直後だった。

 今季のレギュラーシーズンのソフトバンク戦は3勝1敗、防御率1・97と好相性だった。ソフトバンクと対戦した17年のCSファイナルSでは、第5戦に先発して4回途中で5失点で敗戦投手に。「2年前は何もできずに終わってしまった」とリベンジに燃えていただけに「少し考えすぎて、守りに入ってしまった。申し訳ないです」と悔しさをにじませていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース