阪神 先発青柳は無念の4回降板 2被弾で3失点

[ 2019年10月6日 15:46 ]

セ・リーグCSファーストS第2戦   DeNA―阪神 ( 2019年10月6日    横浜 )

<D・神>3回無死、筒香(左)に左越えソロを浴びた青柳(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 阪神先発の青柳は無念の4回降板となった。

 初回はロペスに先制2ランを被弾。3回には先頭の筒香に2試合連続となるソロ本塁打を浴び追加点を許した。5回の攻撃で打席が回り、代打・上本を送られ降板となった。

 2回2死一、三塁ではソトを、3回2死一、三塁では大和をそれぞれ空振り三振に抑えるなど粘りの投球を展開していたが、本塁打2発に沈む形となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース