巨人 岡本 ファイナルSへ好調3ラン

[ 2019年10月6日 05:30 ]

初回1死二、三塁、原監督(奥右)が見つめる前で先制3点本塁打を放つ岡本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本が9日から始まるCSファイナルSに向けて好調を維持している。東京ドームでの紅白戦に白組・4番で出場。初回1死二、三塁から今村の143キロ直球を捉え、右翼席へ3ランを放った。

 6回にも右前打を放ち、3打数2安打。「手応えは良かった。(CSは)緊張感が凄くあると思うので、またしっかり打てるように頑張っていきたい」と気を引き締めた。3日の紅白戦でも2点適時打をマークするなど、バットは振れている。

 昨季は悔しさを味わった。レギュラーシーズンでは史上最年少での打率・300、30本塁打、100打点を達成したが、CSでは計5戦で18打数1安打、打率・056とブレーキ。チームもファイナルSで広島に3連敗で敗退しただけに、今季は雪辱に燃えている。 (岡村 幸治)

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース