ソフトB・ギータ、2度の同点打 初回ソロ&3回適時二塁打「負けられない試合」

[ 2019年10月6日 14:12 ]

パ・リーグCSファーストS第2戦   ソフトバンク―楽天 ( 2019年10月6日    ヤフオクD )

<ソ・楽>初回2死、右中間にソロを放つ柳田(投手・美馬)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(30)は6日、ヤフオクドームで行われたパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦の楽天戦に「3番・中堅」で先発出場。初回の第1打席に同点ソロ、3回の第2打席に同点二塁打を放った。

 1点を追う初回2死、1ボールから楽天の先発・美馬の真ん中に入ったカーブをフルスイング。高々と舞い上がった打球は右中間ホームランテラス席に飛びこんだ。

 再び1点を追った3回2死一塁からは、3ボール1ストライクから外角直球をはじき返し同点の左中間適時二塁打だ。

 本拠地の大歓声を浴びた柳田は、初回に同点ソロについて「打ったのはカーブ、負けられない試合」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース