史上初の大役も…阪神 西 1死も取れず降板 矢野監督「ちょっと指の繊細な所に打球が…」

[ 2019年10月6日 05:30 ]

セCSファーストS第1戦   阪神8―7DeNA ( 2019年10月5日    横浜 )

初回無死一塁、宮崎の打球が西野左足に直撃する(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 史上初めてFA移籍初年度の投手がチームのCS第1戦に先発という大役を担った西はCS史上初めて1死も取れずに降板する屈辱を味わった。

 初回、神里とソトに連打を浴び筒香に右中間へ先制3ランを被弾。ロペスに左前打され宮崎の打球は左足を直撃する内野安打。治療のためベンチに下がったが、そのまま交代となり5安打3失点。1回未満で先発マウンドを降りたのはプロ11年目で初めてだった。
 左足の指を負傷したもようで試合後は足を引きずりながらバスへ向かった。矢野監督は「西もいく気持ちを持ってくれていた。踏み出す足やし、ちょっと指の繊細な所に打球が当たっていたので」と降板理由を明かした。

 降板後はベンチ前列で声援を送った西も「今まで当たったことがない場所。(負傷箇所が)すねや足首なら続投できた」と悔しさをにじませた。
(吉仲 博幸)

 ○…西(神)がCSファーストS第1戦に先発。FAで国内移籍した投手が初年度にプレーオフ、CSのチーム初戦に先発するのは初めて。日本シリーズを含めたポストシーズンでは00年の工藤公康(巨)以来19年ぶり2人目。

 ○…先発の西(神)が0―3の初回無死一塁、宮崎の投手内野安打を左足に受けて降板。プレーオフ、CSで先発投手が1死も取れずに降板するのは初めて。77年PO第3戦の稲葉光雄(阪急)、17年CSファーストS第3戦の能見(神)の1/3回が最短だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース