阪神 2試合続けて初回に被弾 追いかける展開

[ 2019年10月6日 14:31 ]

CSファーストS   DeNA―阪神 ( 2019年10月6日    横浜 )

<セCS1st D・神(2)>1回2死二塁、ロペスの左越え2ランを浴びた青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 連勝で一気にファイナルステージ進出を狙う阪神だったが、2試合続けて初回に先制点を許した。

 先発青柳が先頭の神里に内野安打を許すと、ソトと筒香を抑えて2アウトまでこぎつけたが、4番・ロペスに1ボール2ストライクと追い込みながらも、4球目の甘く入ったツーシームを左翼スタンド上段まで運ばれた。

 前日の初戦でも、初回に西が筒香に3ランを被弾していたが、この日も先発が初回に一発を許し、相手を追いかける展開となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース