土壇場同点被弾も…DeNA・山崎、仲間に感謝「とにかく入ってくれて良かった」

[ 2019年10月6日 19:59 ]

セCSファーストS第2戦   DeNA6―4阪神 ( 2019年10月6日    横浜 )

<D・神>DeNA6番手の山崎(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの抑えの山崎は回をまたいで臨んだ9回、危なげなく2死を奪った後に福留に同点ソロを喫した。それでも続く4番マルテを三振と意地を見せた。「どういう状況でも投げるつもりだった。仲間が打ってくれたので、感謝の気持ち。とにかく入ってくれて良かった」と乙坂のサヨナラ本塁打を喜んだ。

 継投に執念をにじませたラミレス監督は、巨人が待つファイナルステージ進出が懸かる第3戦について「今永も石田も可能性がある」と総動員を示唆した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月6日のニュース