ヤクルト・村上は食欲も怪物級!鉄の胃袋で夏バテ知らず

[ 2019年8月13日 08:30 ]

パ・リーグ   ヤクルト5-4DeNA ( 2019年8月12日    神宮 )

9回無死一塁、サヨナラ2ランを放つ村上(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 【Hero's File】ヤクルト・村上の食欲も怪物級だ。6月の仙台遠征中。バレンティンに誘われて、試合後に中山らとともに名物の牛タンを食しに飲食店を訪れた。助っ人大砲が、いきなり4種類の牛タンを4人前ずつ。計16人前を注文しても「余裕っす。いけるでしょ」と涼しい顔。サラダなどサイドメニューもつまみながら、とろろを掛けた丼飯を2杯も平らげた。

 最近は気温35度を超える日も多い。室内練習場での早出練習や神宮球場での試合前練習は酷暑の中、汗を流す。試合後には若手らがベンチ裏でこなす素振りにも参加。フルメニューを消化しているが「食欲は落ちていない」と夏バテ知らずだ。好物は焼き肉とラーメン。埼玉県戸田市にある寮に住んでいるが、西浦和にあるラーメン店に好物の「味噌ラーメン」を食べに足しげく通う。1メートル88、97キロの巨体を胃袋が支えている。(ヤクルト担当・黒野 有仁)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月13日のニュース