日本ハム 今季ワーストタイ6連敗 栗山監督、自力V消滅に「全然関係ない。連勝すれば復活する」

[ 2019年8月13日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3-6ソフトバンク ( 2019年8月12日    ヤフオクD )

初回、3点を取られガックリ引き揚げる吉川(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 日本ハムは今季ワーストタイの6連敗で4位転落。首位ソフトバンクとの3連戦で3連敗を喫し、3年ぶりのリーグ優勝がさらに遠のいた。

 先発・吉川が2回3失点で流れを逸し、2番手の金子は5回無失点も打線がビハインドをはね返せず。特に7月31日の楽天戦で右手を痛めてから打撃が急激に崩れた4番の中田は、8月28打数2安打で打率・071とチーム低迷の一因となっている。自力優勝の可能性が消えた栗山監督は「全然、関係ない。連勝すれば(自力優勝の可能性が)復活する。しっかりやっていく」と必死に前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース