智弁学園の1年生4番前川、8回好機に三振 夢の兄弟対決かなわず

[ 2019年8月13日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第7日2回戦   智弁学園8-10八戸学院光星 ( 2019年8月12日    甲子園 )

<智弁学園・八戸学院光星>同点の8回1死三塁、3球三振に倒れた智弁学園・前川 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 智弁学園の1年生4番・前川は2安打3打点も敗戦の責任を背負った。同点の8回1死一、三塁で3球三振に倒れ「絶対ここで打つという気持ちが空回りした。あそこで打たないと4番じゃない」と話した。

 それでも1―7の6回無死二塁から右前に運び、甲子園初安打&初打点。さらに1点差となって迎えた2死満塁で、遊撃の前でイレギュラーする左中間への2点適時二塁打と一時は逆転する一打を放った。2歳上の兄・夏輝は津田学園(三重)の4番。夢だった甲子園での兄弟対決はかなわなかったが「兄はまだ履正社戦が残っている。最後の夏で大暴れしてほしい」と13日に2回戦を迎える兄にエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース