広島 岡田4カ月ぶり1軍合流 救援陣は不安定…逆襲への勝負手だ

[ 2019年8月13日 14:04 ]

 広島・岡田明丈投手(25)は13日、1軍に合流した。前日12日に先発したアドゥワが4回6失点と崩れて試合後に抹消が決定。代わって、13日に登録されるとみられる。

 岡田は、開幕ローテーション入りしながら、2試合で防御率10・80と本領を発揮できずに抹消された。2軍では中継ぎとして再調整。2軍では12試合で0勝2敗、防御率5・40だった。

 チームは、中継ぎの立て直しが急務だ。抑えを務めていたフランスアが、不調で12日に抹消。中崎が抑えに戻ることが内定しているものの、「7、8回」の勝ちパターンのやりくりは流動的と不安が残る。“再昇格組”の一岡、レグナルトも、12日の巨人戦でともに1失点して、復調をアピールすることができなかった。

 岡田は、4カ月ぶりの1軍復帰。開幕時の先発ではなく、今回は中継ぎとしてブルペン陣を救う役割が求められる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース