高岡商・荒井 1点差完投逃げ切り、後輩のエラーもカバー

[ 2019年8月13日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第7日2回戦   高岡商4―3神村学園 ( 2019年8月12日    甲子園 )

<高岡商・神村学園> 先発し完投した高岡商・荒井 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 高岡商(富山)のエース荒井が7安打3失点で完投した。3点のリードで迎えた9回2死三塁から適時打で1点を返された。次打者は二塁への飛球だったが、2年生の二塁手、鈴木が落球。さらに適時打を浴びて1点差にまで詰め寄られたが最後の打者を二ゴロに仕留め「“先輩の自分がカバーしたろ”という強い気持ちで抑えた」と笑った。

 1回戦では9回途中で降板しただけに「今日こそ投げ切りたい」と強い決意で臨み、マウンドを死守した。最速は129キロながら、横手から変化球を巧みに操った右腕の力投で県勢初となる2年連続の甲子園2勝をつかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース