西武 駒月、8年目のプロ初安打「ホッとしています」指揮官も笑顔

[ 2019年8月13日 23:34 ]

パ・リーグ   西武11―4オリックス ( 2019年8月13日    メットライフD )

 西武の駒月が8年目にしてうれしいプロ初安打を放った。

 9回2死の場面で森の代打で登場。三塁前へのボテボテのゴロながら、これが内野安打となった。

 「初ヒットまで時間がかかったけど、本当に良かった。ホッとしています」

 快打、とはいかなかったが「どんな形であれ、Hのランプがついてとてもうれしい」。試合後には記念球を手に喜んだ。

 外野手から捕手に転向して3年目。打った瞬間はベンチも大盛り上がりで、辻監督も「やっとコマ(駒月)にヒットが出たね。打たせてやりたかった」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース