立命館宇治 吹奏楽部が京アニ「響け!ユーフォニアム」曲で応援!

[ 2019年8月13日 11:39 ]

第101回全国高校野球選手権大会   立命館宇治―星稜 ( 2019年8月13日    甲子園 )

<立命館宇治・星稜>先発する立命館宇治・高木(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 立命館宇治高の吹奏楽部が、京都アニメ制作アニメ「響け!ユーフォニアム」の主題歌「DREAM SOLISTER」を応援歌として演奏した。

 放火殺人事件があった京アニの本社は宇治市にあり、事件後に野球部が甲子園出場を決めた際に地域住民から「甲子園で演奏して、ファンや関係者らを励ましてほしい」と提案があった。吹奏楽部員が賛同し、応援歌に採用された。この日の初回、1番の中村滉成外野手(3年)が打席を迎えた場面でいきなり演奏された。

 立命館宇治は7日に1回戦で秋田中央と対戦したが、吹奏楽部はコンクールと重なったため応援に参加できず。1回戦は立命館宇治中の吹奏楽部と立命館宇治高OBからなる混同応援団がアルプスから声援を送った。

 この日は立命館宇治高の吹奏楽部62人が満を持して三塁側アルプスに登場。さらに1回戦の混同応援団もそのまま応援に加わり、総勢106人の応援団で熱い声援を送っている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月13日のニュース