星稜 5年ぶり3回戦進出 救援登板の奥川、最速154キロで勝利に導く

[ 2019年8月13日 13:05 ]

第101回全国高校野球選手権大会 2回戦   星稜6―3立命館宇治 ( 2019年8月13日    甲子園 )

<立命館宇治・星稜>6回途中から3番手で登板する星稜・奥川(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 第101回全国高校野球選手権大会の第8日は13日、甲子園球場で2回戦が行われ、優勝候補の一角・星稜(石川)が6―3で立命館宇治(京都)を下し、5年ぶりとなる3回戦進出を果たした。今大会注目の奥川恭伸投手(3年)は3番手で登板。2回1/3を2安打3奪三振の無失点で、最速154キロをマークし球場を沸かせた。

 打線は2回1死三塁から1番・東海林が中前にはじき返し、7日の秋田中央戦で完封勝利を挙げた立命館宇治の先発・高木からあっさり先制点をもぎ取った。4回には、大高の安打と山瀬の犠打、さらに福本の遊ゴロの間に走者を進め、2死三塁の好機。ここで8番・岡田が中前適時打を放ち加点。6回は無死一、二塁から福本、岡田の連続タイムリーで3点を挙げるなど、試合の主導権を握った。

 先発・荻原(2年)は、石川大会で1試合、3イニングのみの登板だったが、5回を1安打5奪三振無失点。6回に2番手・寺西が2点を返され、なおも2死一、二塁の場面で、この日はベンチスタートだった奥川が救援登板。7番・今野に左前打を許し2点差とされるも、続く打者を153キロのストレートでねじ伏せ、遊ゴロに打ち取った。8回も走者を背負ったが、154キロのストレートと140キロ台のフォークで反撃を許さなかった。

 立命館宇治は、5回まで1安打と打線が沈黙。6回に3点を返し、2点差にまで迫ったが反撃はここまで。2回戦で涙を飲んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース