ヤクルト・バレンティン反撃口火24号「とても気持ちいい。甘い球を待っていた」

[ 2019年8月13日 05:30 ]

パ・リーグ   ヤクルト5-4DeNA ( 2019年8月12日    神宮 )

9回無死、ソロ本塁打を放ちナインに迎えられるバレンティン。右は村上(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・バレンティンが反撃の口火を切った。2点を追う9回。先頭の打席に立つと山崎の外角へのツーシームをバックスクリーン右にぶち込んだ。

 1点差に迫る24号ソロ。「とても気持ちいい。塁に出ることを意識した。甘い球を待っていた」と振り返った。村上については「完璧なスイングだった」と目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース