広島 自力V消滅は絶対阻止! 松山メルセデス撃ちで先制タイムリー

[ 2019年8月13日 18:49 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2019年8月13日    マツダ )

<広・巨>2回無死一塁、松山は右中間に先制の適時二塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・松山竜平外野手(33)は、2回無死一塁で、カウント2―1からのメルセデスの直球を右中間に運ぶ適時二塁打として先制に成功した。

 「打ったのはストレート。しっかりと上から叩くことができました。先制点に繋がってよかったです」

 首位・巨人との直接対決第2ラウンド。初戦は、猛追及ばず1点差での惜敗だった。残り2戦で引き分け以下が1試合でもあれば、自力優勝の可能性が消滅する。まずは先制に成功して、流れを呼び込んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月13日のニュース