津田学園・前、履正社打線に9安打6失点 今後の進路は「プロ志望届は出すつもり」

[ 2019年8月13日 11:23 ]

第101回全国高校野球選手権大会 2回戦   津田学園3―7履正社 ( 2019年8月13日    甲子園 )

<履正社・津田学園>4回から降井(手前)にマウンドを譲り、一塁の守備に回った津田学園・前(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 最速152キロを誇る津田学園(三重)のプロ注目右腕・前(3年)は、優勝候補の一角、履正社(大阪)の強力打線につかまり、3回1/3で9安打6失点。2回戦で高校最後の夏を終えた。

 2回に相手左腕・清水(3年)の左前適時打で先制を許すと、3回には長短5安打を浴びて一挙5点を奪われた。試合後は「甘く入ると長打もあるので投げづらいチームだった」と涙ぐんだ。

 それでも胸を張った。この日は18歳の誕生日。「高校最後の誕生日を試合で終われて幸せだなと思った」と前を向いた。

 初戦の静岡(静岡)戦は9回1失点で完投。160球で11三振を奪い、本領を発揮した。佐川竜朗監督の41歳誕生日に勝利も贈った。

 進路については「プロ志望届は出すつもりでいます」と宣言。「強豪と戦った経験を生かしたい」と力を込めた。

 打線は5回に暴投で1点。6回には3番・藤井(3年)、4番・前川(3年)、5番・阿萬田(3年)のクリーンアップによる3連打で加点し、8回にも小林(2年)のタイムリーで3点目を入れたが及ばなかった。

 チームは初の1大会2勝を狙ったが、初出場だった2年前と同じ2回戦で姿を消した。指揮官は「前のピッチングは悪くはなかったが、相手がその上をいっていた。打線は勝負のところで一本出すか出さないかの違いが出た」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース