楽天ドラ6渡辺佳 プロ初サヨナラ打に感激「気持ちよかったー!」8回のミス帳消し

[ 2019年8月13日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3-2オリックス ( 2019年8月12日    楽天生命パーク )

10回2死一塁、サヨナラ打を放ち喜ぶ渡辺佳(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 初めての快感だ。プロ入り後初となるサヨナラ打を放った楽天のドラフト6位ルーキー・渡辺佳は、ずぶ濡れになりながらお立ち台で「気持ちよかったー!」と声を弾ませた。

 延長10回2死一塁。ディクソンが投じたナックルカーブを迷わずフルスイングした。「自分が決めるつもりで打席に入った。ホームランを打つぐらいの気持ちだった」。右翼線に打球を運び、一塁走者・田中が一気に本塁に生還。殊勲のサヨナラ二塁打。ウオーターシャワーで祝福され「(テレビで)見ていたやつをやれた」と喜びを爆発させた。

 ミスを挽回した。2―2の8回にバントを失敗し、遊ゴロ併殺で勝ち越しの好機をつぶした。「ミスで迷惑を掛けてしまった」。ただ、2試合連続の決勝打でチームを単独3位に導いた。得点圏打率・533だが、それ以外の場面では打率・163。「得点圏じゃない場面でもチームに貢献したい」と力を込めた。新人の活躍で得た勢いを、13日からの首位・ソフトバンクとの3連戦にぶつける。(重光 晋太郎)

 ○…ルーキー渡辺佳(楽)が延長10回にプロ初のサヨナラ安打。楽天の新人サヨナラ安打は12年岡島2度と今季5月8日ソフトバンク戦の辰己に続く3人目、4度目だ。延長戦では岡島の12年8月26日日本ハム戦以来。同一シーズンに新人2人がサヨナラ安打を記録するのは球団史上初となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース