オリ今季7度目サヨナラ負け…吉田正の同点打実らず

[ 2019年8月13日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2-3楽天 ( 2019年8月12日    楽天生命パーク )

8回2死一、三塁、吉田正は左前適時打を放つ(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 延長10回にディクソンが渡辺佳にサヨナラ打を浴び、オリックスは今季7度目のサヨナラ負けとなった。劣勢の中、8回2死から福田、西野の連打で一、三塁とし吉田正が森原の外角直球をさからわず三遊間を抜く同点適時打。主砲が意地を見せたものの勝利には結びつかず、西村監督は「(先制した)2回の後、先に点を取っていかないと。後手に回ると、どうしてもこういう展開になる」と痛恨の表情だった。

 先発した岸に9三振。うち6つが見逃し三振と抜群の制球力に2回以外は攻略の糸口をつかめなかった。K―鈴木も粘ったが5回に3四球でピンチを招いて逆転を許し「ランナーを気にしすぎました。5回だけボールが滑る感じがあった」と反省。投打がかみ合わず3位とのゲーム差は5に広がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース