田沢 レッズとマイナー契約、メジャー昇格なら初の日本選手所属に

[ 2019年8月13日 02:30 ]

カブスとマイナー契約後、7月に自由契約となっていた田沢
Photo By スポニチ

 レッズが11日(日本時間12日)、田沢純一投手(33)とマイナー契約を結んだ。所属は2Aチャタヌーガとなる。

 田沢は今年、カブスとマイナー契約し、招待選手でキャンプに参加。3月に自由契約となった後に再びマイナーで契約したが、7月にまたも自由契約になっていた。昨季まで大リーグ通算で388試合に登板し、21勝26敗4セーブ、防御率4・12。今季、3Aで19試合で1勝0敗1セーブ、防御率4・00の成績を残している。

 レッズは全30球団で日本選手が大リーガーになっていない唯一の球団。メジャー登板を果たせば、日本選手の全30球団での出場が達成される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース