阪神 延長12回0-0引き分け 3併殺でチャンス生かせず…20イニング連続無得点

[ 2019年8月13日 21:57 ]

セ・リーグ   阪神0-0中日 ( 2019年8月13日    ナゴヤD )

<中・神>7回1死一、二塁、投ゴロ併殺打に倒れてチャンスを逃し、青柳(手前)を援護できず、ソラーテ(左)からグラブを受け取るマルテ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神は延長12回0-0で引き分け。先発の青柳は7回0/3を7安打無失点と好投も2カ月ぶり白星はお預け。リリーフ陣も無失点に抑えるも打線がふるわず。何度もチャンスを作るも決定打を欠き残留の山を築いた。チームはこれで前日の2回から20イニング連続無得点となった。 試合結果

 先発の青柳は初回、1死から大島とアルモンテに連打を許すもビシエドを遊ゴロ併殺打に打ち取り無失点。2回にも京田と加藤に連打され、2死一、二塁となるも大野雄のセーフティーバントを梅野が難なく処理しピンチをしのぐと、7回まで安定感ある投球でチャンスを与えず。8回、先頭の代打・藤井に中安を浴びたところで岩崎へ交代となった。

 打線は3回1死二塁と先制のチャンスで福留が空三振。マルテが四球で2死一、二塁となるがソラーテが見三振に倒れ無得点。5回は1死一、二塁から再び福留が空三振、続くマルテが遊飛に倒れ得点できず。6回にも2死一、二塁の場面を作るが青柳が二ゴロに倒れた。

 7回は1死から北條が中安で出塁。代走の植田が盗塁を決め、福留が四球となって1死一、二塁のチャンス到来。しかし、マルテが投ゴロ併殺打となってしまいまたも無得点。

 0-0のまま延長戦に突入すると11回、1死一、二塁とチャンスを作るも高山が痛恨の二ゴロ併殺打。最後まで決定打を欠き12回終了引き分けに終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月13日のニュース