DeNA、今季初の4連勝!東 6回途中1失点の好投で今季2勝目

[ 2019年5月22日 20:49 ]

セ・リーグ   DeNA5―1巨人 ( 2019年5月22日    東京D )

4回1死一塁、ゲレーロを遊ゴロ併殺に抑える東   (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 DeNAは今季初の4連勝。

 先発の東が5回1/3、93球を投げて、6安打1失点の好投で今季2勝目をマークした。その後は三嶋、パットン、山崎康と無失点リレー。山崎康は今季6セーブ目をマークした。

 打線も初回1死一塁でソトの13号2ランで先制に成功。4回には2死一、二塁で伊藤光の右前適時打で加点。7回に、2死無塁で宮崎の7号ソロで貴重な追加点を挙げた。9回には、途中出場の桑原が1号ソロを放ち追加した。

 巨人は、先発の高橋が4回86球を投げて、5安打3失点で今季2敗目。打線も2回にゲレーロが6号ソロを放つが、3併殺を喫するなど好機を生かせず、チームは2連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月22日のニュース