オリ 吉田正、球団新の1年目から4年連続2桁弾空砲 今季最大借金8

[ 2019年5月22日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4―8ロッテ ( 2019年5月21日    京セラD )

<オ・ロ>3回2死、10号ソロ本塁打を放つ吉田正(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスは21日のロッテ戦で吉田正が球団新記録弾を放ったが空砲となった。3回に涌井から入団1年目から4年連続2桁となる10号ソロ。しかし、4―4の9回に増井が乱調。1点を奪われ、なおも1死満塁で遊撃・大城が清田のゴロを二塁悪送球。拙守に足を引っ張られ、日本ハム時代の12年9月5日の楽天戦以来7年ぶりの4失点。2連敗で借金は今季最多タイの8に膨れあがり、西村監督は「しょうもないミスで…」と怒りを露わにした。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月22日のニュース