広島・大瀬良 得意の中日戦で3戦3勝3完投 「先発としては最高の形」と自画自賛

[ 2019年5月22日 21:43 ]

セ・リーグ   広島3-1中日 ( 2019年5月22日    マツダ )

ファンの声援に応える大瀬良 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島のエース・大瀬良が中日戦で3安打1失点の完投勝利。今季、中日相手には3戦3勝3完投とした。

 大瀬良は序盤からエンジン全開で6回1死までパーフェクト投球。「そこに関してはあんまり興味はなかったんですけど、まあそれだけ調子は良かったのかな、と思っていました」と淡々と振り返った。

 それでも「序盤で、カットボールで思うように空振りも取れてましたし、まっすぐでも差し込んでいたので」と語り、2回から3回にかけての6者三振については「三振を取るようなタイプではないんで、まあ、調子がいいくらいに思ってたんですけど」と謙遜する言葉。先頭バッターの出塁を許さず「毎回先頭打者を打ち取って自分優位の中で投げてたので、結果的にそうなってよかったと思います」と満足げな表情を見せた。

 中日戦は3戦3勝、全て完投勝利という抜群の相性を見せる大瀬良。「先発で毎回やる以上は最後まで投げたいという思いの中で毎回上がっているので。まあ、たまたまだと思うんですけど。最後まで投げ切るということは先発としては最高の形だと思います」と、誇らしげに語った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月22日のニュース