ヤクルト・青木 史上最速1500安打達成 日米通算では2274安打

[ 2019年5月22日 20:29 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2019年5月22日    甲子園 )

<神・ヤ>7回、1死一塁、左前打を放ち、NPB通算1500安打を達成した青木(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木宣親外野手(37)がNPB通算1500安打を達成した。

 22日の阪神戦(甲子園)に「2番・中堅」で先発出場。第4打席に藤川の外角低めへの134キロフォークを左前に運んだ。11年に楽天・松井稼頭央(現西武2軍監督)が記録した1233試合を大幅に更新する、史上最速の1156試合での到達となった。

 阪神ファンからも「おめでとー!!」の声が飛んだ。日米通算では2274安打とし元中日の高木守道氏に並んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月22日のニュース