西武・栗山 那覇“リベンジ弾”先制2号2ラン「チュンジュクスイングできた」

[ 2019年5月22日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7-6ソフトバンク ( 2019年5月21日    那覇 )

2回2死一塁、中越え本塁打を放った栗山(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 西武・栗山が2回に先制の2号2ランを放った。東浜の直球を捉えて中越えへ。「自分のタイミングで、“チュンジュク(強く)”スイングができました」と沖縄方言で喜びを表現した。

 2年前の那覇の試合ではフル出場したものの4打数無安打でチームも敗戦。ベテランが借りを返し、先発の十亀を援護した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月22日のニュース