中日・京田がスタメン落ち 堂上が先発で出場

[ 2019年5月22日 17:43 ]

セ・リーグ   中日―広島 ( 2019年5月22日    マツダ )

中日の京田
Photo By スポニチ

 中日・京田が開幕カード・DeNA戦以来となるスタメン落ちをした。遊撃は開幕スタメンだった堂上が6番で先発メンバーに名を連ねた。

 京田は21日の広島戦(三次)で3試合ぶりに安打を放ったものの2―3に迫った9回1死二、三塁で三邪飛に倒れるなど4打数1安打。5月上旬に3割を超えていた打率は・275まで下落している。この日の試合前練習では、与田監督と話し合う場面も見られた。

 京田がスタメンを外れるのは、開幕戦となった3月29日のDeNA戦、開幕2戦目の同30日の同戦以来、今季3試合目。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月22日のニュース