DeNA、今季初の4連勝!ラミレス監督「チームに勢いが付いています」

[ 2019年5月22日 21:33 ]

セ・リーグ   DeNA5―1巨人 ( 2019年5月22日    東京D )

9回2死、桑原はロホームランを放ちラミレス監督(右から2人目)らの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 DeNAは今季初の4連勝。ラミレス監督は、2回にソトが先制の13号2ランについて「あのホームランは大きかったです。東にとっても大きな助けになったと思います」と語り、7回の宮崎の7号ソロについても「あの時は1点が必要な時だったので、大きかったですね。チームの一人一人が勝利へ貢献してくれたと思いますし、チーム一体になっての勝利だと思います」と試合を振り返った。

 先発の東が6回途中1失点の好投を見せたことについては「良く投げてくれました。パフォーマンス的にはベストではなかった思うんですけど、彼は試合中に修正出来るので、良い集中力を持って投げてくれたと思います」と話した。

 最後に「チームに勢いが付いています。いつも言っていますが、『どのように始めるかではなくどのように終えるか』なので、チーム状態は良くなっています。この状態を続けていきたいと思います」と今後に向けて話した。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月22日のニュース